介護職へ転職するなら賃金面は断然有資格者が優遇される

新卒で就職をした人の初任給は、平均で16万円台後半となっていて、これは特にスキル取得の有無は関係ありません。最初はだいたい同じくらいの賃金でスタートして、徐々に勤続年数を重ねることによってアップしていくという形になります。中にはずっとライセンスを取ることなく、実務経験だけを武器に働いている人も多く、それでも仕事上はあまり問題がありません。

介護の仕事自体は、大半が特に何らかの資格を持っていないと従事できないというものではないということです。

資格を持っているかが賃金に大きく影響する業界

しかし、実際に資格を持っていると賃金がアップするというのは事実です。まず、手当が加算されるという点があります。どのくらいの加算額となるかは事業所によって異なりますが、1万円程度のプラスとなるところが多い傾向にあります。

仕事内容はそれほど変わらなくても、スキルによって賃金が変わってくるわけですので、スキルアップをするメリットは大きなものがあります。

転職が有利になるのでスキルアップは当然目指すべき

特に転職をする際には、はっきりとしたスキルがあるとより待遇の良い職場に移りやすくなります。やはり事業所としても、履歴書に記載できるようなスキルを持っている人の方を優先して採用する傾向がありますので、給料や休日、勤務シフトなどの点で条件が良いところに転職する時には有利となります。

介護業界は全体として転職の割合が高く、条件が良い事業所には多くの応募が集まることになります。その競争に勝つためには、人と差を付けられるスキルを持っているかどうかは大事なセールスポイントなのです。働きやすい職場、そして今までよりも待遇の良い仕事を得るという意味からも、高いスキルを持つことは多いに役に立ちます。

各求人サイトの特徴を見極めて、自分にあった転職先を探そう

資格によって平均給与が変わってくる

この業界は資格がなくても問題なく働くことができますが、賃金という面で見ると取っておいた方が有利となります。前述のように、手当が付くことや、待遇の良い事業所に転職しやすくなるという点もありますが、元々の給与ベースも変わってくるからです。たとえば、ホームヘルパー1級、介護職員実務者研修修了者の場合は、例えば資格を持っていない人に比べると1割から2割程度高い平均月収となっています。

さらに社会福祉士だと、30代男性の平均基本給与で25万円弱というところで、ボーナスや手当を含まない状態でもまとまった額が支給されます。介護福祉士もほぼ同じくらいの平均月収となっていて、やはり安定した収入を得ることができます。

この業界の資格の中では、介護支援専門員、ケアマネジャーが高い傾向にあり、30代男性で26万円の基本月収となります。これに手当が付くことになりますが、ケアマネは現場の業務を兼任することも多いため多めに加算されることが多くなっています。また、ボーナスも全体的に割高となることが多いので、年収ベースで見ると他のスタッフよりも数割は高くなります。

【転職スキルアップ】介護士が転職することメリット・デメリット

キャリアアップにはスキルを磨くことがなによりも重要

この業界は、スキルを持っているかどうかというのがとても重要なポイントとなります。もちろん、実務経験も大切ですが、長年同じ業界で働いている人も多いので、経験だけでは高いキャリアを得ることは難しいのです。やはり社会福祉士などの士業スキルを身につけるか、ケアマネジャーを取るのがキャリアアップには欠かせません。

そのためには、一定上の年数働くことや養成を受けることが必要となります。ある程度長いスパンで、自分のスキルを向上させる計画を立てて、より有用な人材となれるように努力したいものです。簡単ではありませんが、この努力は業務に生かされるだけでなく、ダイレクトに給料という形でも反映されますので頑張るだけの価値が十分にあるのです。

時に、ケアマネジャーなどを取ると責任が重くなってしまって、仕事上の心配が増えるのが嫌だという人もいます。確かに、スキルのある人はより大きな責任をゆだねられることになりますが、その分やりがいを強く感じることができるようになります。違った立場でより人のために役立てるという実感を持てるのです。また、現場で身に着けてきた技術や経験を他の人たちに教えられるというのも大きなメリットになります。

こうしたやりがいに加えて、給料面でも明らかな違いが出てくるということも覚えておきたい点です。はっきりと目に見えるスキルがあるかどうかというのは、高い評価につながるものですので、それだけ良い待遇を受けられることになります。

自分の頑張りがスキル向上と給料という形で見えてきやすい業界でもありますので、常にスキルアップのための努力を欠かさないようにしたいものです。こうした努力は結果として、利用者の益のためになるものですので、より自分を役立たせるという観点からも前向きな気持ちをキープしていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です