【介護士が後悔しない転職】求人サイト使いこなし術

介護士が転職したい時に、求人情報は簡単に手に入ります。求人誌では介護士の求人の特集が組まれるくらい、介護士の仕事は需要があり、求人も多いです。

転職するんだったら、働きたい条件に合った転職先で、ホワイトな職場を選びたいですよね。介護の仕事は職場や仕事内容によってハードさにかなり幅があります。

手軽に手に入る情報だけで転職先を決めてしまうのはもったいないです。今回は後悔しないための求人の探し方、転職エージェントを上手に使いこなす方法をご紹介します。

介護士が転職するとき求人情報はどこで探せばいい?

介護士の求人情報ってすごく手に入りやすいです。たくさんあり過ぎて、どの求人がいい求人なのか悩んでしまうくらいです。事業所によってどこで求人するか違いがあるので、情報がありすぎて、逆に自分に合った求人を見つけることが難しいです。

ハローワーク

ハローワークで求人をする場合、事業所はお金を払わなくてもいいため、多くの事業所がハローワークに求人を出しています。

ハローワークの求人を何度も見ていると、いつも同じ事業所が求人を出していることがあります。無料で求人が出せるため、急募でなくても人員確保のため頻繁にハローワークで求人をしていることもあります。

今ではネットからでもハローワークの求人を検索することもできますが、載っている求人に応募する場合は、ハローワークへ行き紹介状をもらって行く必要があります。

ハローワークのいいところは、細かな情報も載っていること、ハローワークの求人情報にウソがあれば、ハローワークに相談することができると言う利点があります。

フリーペーパーの求人誌

街でよく見かけるフリーの求人誌にも介護の求人は多く載っています。介護の求人で特集を組んでいることもありますよね。

街で手軽に手に入り、気軽に仕事を探すことができるのでとても便利です。

ただ、フリーの求人誌に求人を出すには広告料がかかります。求人に応募があっても無くても広告料はかかるため、頻繁に求人を出すことが難しいです。

なので、普段は新しい職員を応募していても、求人誌には出さないこともあるのでフリーペーパーだけで転職先を決めてしまうのはもったいないです。

介護専門ではない求人サイト

幅広い職種を扱う求人サイトにも、介護の求人は多く掲載されています。たくさんの求人は載っているものの、条件の指定が介護に特化していないため、使いにくいことがあります。

「介護士 正社員」「介護士 グループホーム」などキーワードを入れて検索しても、たくさんのヒットがあり、自分の条件に合っていない求人も多くみないといけなくなります。

介護専門の転職求人サイト

介護士に特化した求人サイトもあります。「介護士にとかしていたら、求人数が少ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そうでもないですよ。

求人数は多いですし、質の高い求人を多く扱っている転職求人サイトもあります。介護士専門のサイトのいいところは、「検索しやすい」ことと「介護士が欲しい情報が載っている」ことです。

まず、検索しやすいと言うのは、「特養」「老健」など探している職種の求人を簡単に見つけることができることです。

おすすめ求人サイトその1【ケアジョブ】

介護専門の求人サイトでおすすめなのは「ケアジョブ」です。

・大都市も地方も十分な求人数
・簡単に探したい条件の求人を検索できる
・各求人の給料体制や勤務時間など情報量が多い
・サイトでも求人情報が見れるけど、コンサルタントに相談することもできる
・入社後のアフターフォローもしてくれるので安心

まずはサイト内で検索してみるのもいいですが、無料の会員登録をすれば【非公開情報】も見ることができるようになります。

おすすめ求人サイトその2【かいご畑】

【職種】【サービス種別】【雇用形態】などいろいろなチェック項目があり、そこをチェックしていくと希望に合った求人を一覧することができます。

かいご畑】は介護士向けコラムも充実しているので、いろいろな知識を得たい人にもおすすめです♪

各求人サイトの特徴を見極めて、自分にあった転職先を探そう

転職エージェントの上手な選び方

転職エージェントってもしかしたら聞きなれない言葉に感じる人もおられるかもしれません。

転職エージェントとは、コンサルタントに相談することができ、自分の働きたい条件に合った職場を見つけてくれるサービスです。

転職エージェントのいいところは、募集内容の条件とあなたの働きたい条件に差がある場合、間に入って交渉してくれるところです。給料面の交渉もしてくれますよ。

転職エージェントは数多くあるので、良い転職エージェントを選ぶようにしましょう。

注意
転職エージェントは数が多いので、いいエージェントを選ぶ必要があります。

扱ってる求人数に注意

転職エージェントによって、扱っている求人数に差があります。もっている求人数が少なかったらこちらの条件を伝えても、その条件に合った案件を持っていないこともあります。

持っていない場合、条件に合ってない求人を進められる可能性もあるので、気を付けましょう。

もし、無理に合わないところの面接を進めて来るようなら、転職エージェントを変えるか、担当を変えてもらう勇気も必要です。

信頼のある転職エージェントを選ぶ

転職エージェントは仲介業ですから、間に入って事業所側、求人者側の条件を上手にマッチングしていく必要があります。

その実績があってこそ信頼につながりますから、誠実にきちんと仕事をしてくれる転職エージェントを選ぶ必要があります。

見極める方法としては、求人数が多いこと、誠実なコンサルタントが担当してくれることなどです。

相談をしてみて、しっかりとあなたの条件を理解してくれるエージェントを使いましょう。

求人数が多い方がいい理由としては、事業所側からの信頼があるから多く取り扱っている可能性が高いからです。

無理なマッチングをしていると、事業所側に嫌がられて、次の紹介ができなくなるという場合もあります。

転職求人サイトと転職エージェントの使い分け

転職求人サイトと転職エージェント、それぞれに良さがあります。どちらか1つに絞って求人を探すのではなく、両方を上手に使い分けることがおすすめします。

転職求人サイトの上手な使い方

転職求人サイトの利点は、人に相談することなく、求人の情報を調べることができるところです。まだはっきり転職すると決めていなくても、どんな求人が出ているか気になることがありますよね。

そんなとき、転職求人サイトを使って、給料の相場や、働きたい種類の求人がどのくらいあるかなど、情報を集めることができます。

まず、1つ転職求人サイトを使ってみたいなら、先ほど紹介した【ケアジョブ】をおすすめです。

ケアジョブの良い点
・求人数が多い
・簡単に職種別に検索できる

無料登録をすると非公求人も見れるようになるので、無料登録をして見れる求人を増やすことをおすすめします。

転職エージェントの上手な使い方

転職エージェントを上手に使いこなすには、まず良いと思う転職エージェントに連絡を入れてみることです。実際にこちらの条件を伝えてみて、条件にあった求人を見つけてくれるかお試ししてみましょう。

もし、相談してみて強引に条件に合わない求人を進めて来るようなら、一度断り、他の転職エージェントに相談しましょう。

MEMO
転職エージェントを選ぶとき【信頼】が一番大切になります。当然ですが、信頼できると感じるエージェントを利用するといいです。

【特徴別】介護士におすすめ転職エージェント・おすすめ4選

てん

「てん」のおすすめする厳選4サイト+1です。

介護職専門の転職サイト【ケアジョブ】


北海道から沖縄まで地域の求人に精通した利用満足度96,2%の転職求人サイト!きめ細やかな対応で入社後のアフターフォローもしてくれるので安心

介護職専門の転職サイト【ケアジョブ】の口コミと評判・メリットとデメリット

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】


紹介するのは、残業が少なく有給休暇がとりやすい、いわゆる「ホワイトな求人」を紹介してくれます。希望条件とアンケート形式で簡単に答えるだけで登録できるので、気軽に相談することができます。

介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート【しろくま介護ナビ】の口コミと評判・メリットとデメリット

介護専門求人サイト【かいご畑】


かいご畑の最大の特徴は、かいご畑に掲載されている派遣求人で就業が決定した場合、  介護の資格講座の受講料が0円になる『キャリアアップ応援制度』の利用が出来ます。

介護専門求人サイト【かいご畑】の口コミと評判・メリットとデメリット

介護業界に特化した転職支援サービス 【きらケア介護求人】


介護業界に特化した転職支援サービスです。
面接の予定調整、待遇面の交渉など、様々な面で求職者をサポートしてくれます。

介護業界に特化した転職支援サービス【きらケア介護求人】の口コミと評判・メリットとデメリット

派遣で転職したいなら【きらケア派遣】がおすすめです。全国5000件以上の派遣が登録されていて、サイトで公開している派遣先もあります。無料登録することで、非公開の派遣先も見れるようになりますよ。

てん

職場の人間関係に悩んでいるなら、介護職の転職支援サービス【介護エイド】こちらがおすすめです。
介護職の転職支援サービス【介護エイド】の口コミと評判・メリットとデメリット

求人サイトの利点

多くの求人サイトを使う利点は何かといえば、容易さが挙げられます。どんなときでもお金を支払うことなく非常に多くの求人を目にする事が可能となります。

転職を考えている人は役立てないのはもったいないです。転職の情報を探す場合は多数の求人サイトに足を運んでみるとよいです。その際、どのような転職(正規雇用なのか派遣なのか等)を希望するのかをはっきり決めておくことは大事です。

できればすぐに転職をしたい人はもちろん、この先転職を考えている人などは求人サイトを見るだけでも転職活動の勉強にもなります。また収入や福利などの待遇面も比べることができるので求人サイトをうまく活用して見て下さい。

転職は人生の転機になる場合が往々にしてありますので、できる限り多くの求人サイトを閲覧してこれはと思うサイトに複数登録しておくことをおススメします。

まとめ

転職を何度も繰り返したくないと言う気持ちが本音ですよね。
いい職場なら、転職を繰り返す必要はありません。
せっかく転職するなら、いろいろなサービスを上手に使って、自分に合った職場に転職しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です